コストを抑えられる画期的なものとして多く用いられる

精度が高いもの

アクリル板

画期的な加工法になっている

ホーニング加工はエンジンシリンダー仕上げるとき適した加工法ですが、シリンダー内部はエンジン作動して、熱発生して高温の環境となります。そしてピストンとピストンリングがお互いこすれ合い壁面が傷つきやすくなります。壁面傷ついてしまえばシリンダーピストンの上下運動に抵抗が増してエンジン性能低下します。ホーニング加工で生まれるクロスハッチが、エンジン性能低下を招く摩擦を抑えられるのです。こうしたことでホーニング加工はエンジンシリンダー仕上げるときに適した加工法なのです。そして、ホーニング花王の導入事例ですが、自動車の動力伝達用歯車があります。最近自動車ハイブリット化などによりトランスミッションから発生する異音が問題になっています。トランスミッションからの異音は歯車かみあうとき歯車同士ぶつかり合ったり、うねったりするときの騒音です。自動車メーカーは熱処理ゆがみ抑制や噛みあう歯車組み合わせ最適なものにしたりすることにより解決はかっていますが、うまくいかないです。そこで導入されたのがホーニング加工で高い精度で仕上げた歯車です。加工で仕上げたものは熱処理ゆがみコントロールして歯車同士かみ合わせよくする以外に累積ピッチ精度の向上に貢献していて、結果歯車噛みあうとき歯車同士ぶつかり合ったりするときの騒音が改善されました。こうしたことでホーニング加工は自動車の動力伝達用歯車仕上げるときに適した加工法なのです。

Copyright© 2020 コストを抑えられる画期的なものとして多く用いられる All Rights Reserved.