コストを抑えられる画期的なものとして多く用いられる

光学フィルター

ガラス

赤外線を吸収するフィルター

E-CM500Sとは赤外線を吸収することができる特殊な素材になります。赤外線を吸収し、赤外線が出す光を吸収することで被写体に対して補正をかけることができるのが特徴です。被写体に補正をかけることで利点としては、物のとらえ方を補正することが可能となり写真などの写り方に補正をかけることができるのがこちらの素材の売りになります。E-CM500Sは表面を光研磨にて研磨しているため光を散乱させることなく吸収することが可能です。E-CM500Sは赤外線を吸収することでカメラなどに赤外線の光線を表示させないようにすることができるようにする特殊なフィルターになり、使用されている分野としてはカメラのほか光学機器、理化学、教材、工業、医療などに使用される分光フィルターになります。分校フィルターとはその名の通り、光を分別することが可能なフィルターでE-CM500Sの場合は、赤外線とその他の光を分け赤外線だけを除去し、その他の光は通すのが魅力になります。この特性を利用することで、赤外線が出す特殊な光だけを除外し、フィルターを通している機器に赤外線の光を映らないようにすることができます。なお分校フィルターは赤外線だけではなく、それに応じて物体が出す光を遮断することができるので必ずしも赤外線を吸収し、赤外線を遮断するだけのフィルターだけではないのです。特殊な素材をレンズ状に削り上げることでE-CM500Sのように特殊なレンズとしてカメラのように被写体を移す様々な機器のフィルターとして使用することができます。

Copyright© 2020 コストを抑えられる画期的なものとして多く用いられる All Rights Reserved.